論語、素読会

「論語」索引|論語、素読会

「論語」参考文献|論語、素読会

「論語」についてのFAQ|論語、素読会

「論語」の登場人物|論語、素読会


論語のことば解説

『仁』 『信』 『孝』『弟』 『礼』 『義』 『道』 『徳』 『忠』 『知・智』 『恕』


古代中国の国々
※この地図は、こちらの白地図を元に作成しています。
https://www.freemap.jp/about_use_map.html

論語章句の解釈&解説

【学而第一】01-16

1 – 学びて時に之を習う、亦た説ばしからずや|「論語」学而第一01

2 – 孝弟なる者は、其れ仁を為すの本か|「論語」学而第一02

3 – 巧言令色鮮なし仁|「論語」学而第一03

4 – 吾日に吾が身を三省す|「論語」学而第一04

5 – 千乗の國を導くに|「論語」学而第一05

6 – 弟子、入りては則ち孝|「論語」学而第一06

7 – 賢を賢として色に易え|「論語」学而第一07

8 – 君子重からざれば則ち威あらず|「論語」学而第一08

9 – 終を慎み遠きを追えば|「論語」学而第一09

10 – 夫子の是の邦に至るや、必ず其の政を聞く|「論語」学而第一10

11 – 父在すときは其の志を観|「論語」学而第一11

12 – 礼の用は和を貴しと為す|「論語」学而第一12

13 – 信義に近きときは、言復むべきなり|「論語」学而第一13

14 – 君子は食は飽かんことを求むる無|「論語」学而第一14

15 – 切するが如く磋するが如く、琢するが如く磨するが如しと|「論語」学而第一15

16 – 人の己を知らざるを患えず|「論語」学而第一16


【為政第二】01-24

17 – 政を為すに徳を以てすれば|「論語」為政第二01

18 – 詩三百、一言以ってすれば之を蔽う|「論語」為政第二02

19 – 之を道くに徳を以てし、之を斉うるに礼を以てすれば|「論語」為政第二03

20 – 四十にして惑はず、五十にして天命を知る|「論語」為政第二04

21 – 孟懿子孝を問う。子曰わく、違うこと無し|「論語」為政第二05

22 – 父母は唯だ其の疾を之れ憂う|「論語」為政第二06

23 – 敬せずんば何を以て別たんや|「論語」為政第二07

24 – 子夏孝を問う。子曰わく、色難し|「論語」為政第二08

25 – 吾回と言うに、終日違はざること愚なるが如し|「論語」為政第二09

26 – 人焉くんぞ廋さんや|「論語」為政第二10

27 – 故きを温ねて新しきを知る|「論語」為政第二11

28 – 君子は器ならず|「論語」為政第二12

29 – 先ず行う其の言は、而る後に之に従う|「論語」為政第二13

30 – 君子は周して比せず、小人は比して周せず|「論語」為政第二14

31 – 学びて思わざれば則ち罔し、思ひて学ばざれば則ち殆し|「論語」為政第二15

32 – 異端を攻むるは、斯れ害のみ|「論語」為政第二16

33 – 之を知るを之を知ると為し、知らざるを知らずと為せ。是れ知るなり|「論語」為政第二17

34 – 言に尤寡なく行いに悔寡なければ、禄其の中に在り|「論語」為政第二18

35 – 直きを挙げて諸を枉れるに錯けば、則ち民服す|「論語」為政第二19

36 – 之に臨むに荘を以てすれば則ち敬す|「論語」為政第二20

37 – 書に云う、孝なるかな惟れ孝、兄弟に友に、有政に施す|「論語」為政第二21

38 – 人にして信無くんば、其の可なるを知らざるなり|「論語」為政第二22

39 – 其れ或いは周を継ぐ者は、百世と雖も知るべきなり|「論語」為政第二23

40 – 義を見て為さざるは、勇無きなり|「論語」為政第二24


【八佾第三】01-26

41 – 是をも忍ぶべくんば、孰れをか忍ぶべからざらんや|「論語」八佾第三01

42 – 相くるに維れ辟公あり、天子穆穆たりと|「論語」八佾第三02

43 – 人にして仁あらずんば、礼を如何にせん|「論語」八佾第三03

44 – 礼は其の奢らんよりは寧ろ倹なれ|「論語」八佾第三04

45 – 諸夏の亡きが如くならざるなり|「論語」八佾第三05

46 – 嗚呼、曾ち泰山は林放に如かずと謂えるか|「論語」八佾第三06

47 – 君子は争う所無し。必や射か|「論語」八佾第三07

48 – 絵の事は素より後にす。曰わく、礼は後か|「論語」八佾第三08

49 – 文獻足らざるが故なり。足らば則ち吾能く之を徴とせん|「論語」八佾第三09

50 – 吾之を観ることを欲せず|「論語」八佾第三10

51 – 其の掌を指す|「論語」八佾第三11

52 – 祭ること在すが如くし、神を祭ること神在すが如くす|「論語」八佾第三12

53 – 罪を天に獲れば、禱る所無なきなり|「論語」八佾第三13

54 – 吾は周に従わん|「論語」八佾第三14

55 – 子之を聞きて曰わく、是れ礼なり|「論語」八佾第三15

56 – 射は皮を主とせず。力科を同じくせざるが為なり|「論語」八佾第三16

57 – 我は其の礼を愛しむ|「論語」八佾第三17

58 – 君に事えて礼を尽くせば|「論語」八佾第三18

59 – 君は臣を使うに礼を以てし、臣は君に事うるに忠を以てす|「論語」八佾第三19

60 – 関雎は楽しみて淫せず、哀しみて傷らず|「論語」八佾第三20

61 – 成事は説かず、遂事は諫めず、既往は咎めず|「論語」八佾第三21

62 – 管氏にして礼を知らば、孰か礼を知らざらん|「論語」八佾第三22

63 – 楽は其れ知るべきなり|「論語」八佾第三23

64 – 天将に夫子を以て木鐸と為さんとす|「論語」八佾第三24

65 – 武を謂わく、美を尽せり、未だ善を尽さざるなり|「論語」八佾第三25

66 – 吾何を以て之を観んや|「論語」八佾第三26


【里仁第四】01-26

67 – 仁に里るを美と為す|「論語」里仁第四01

68 – 仁者は仁に安んじ、知者は仁を利す|「論語」里仁第四02

69 – 惟仁者のみ能く人を好み、能く人を悪む|「論語」里仁第四03

70 – 苟くも仁に志せば、悪しきこと無きなり|「論語」里仁第四04

71 – 富と貴とは、是れ人の欲する所なり|「論語」里仁第四05

72 – 我未だ仁を好する者不仁を悪む者を見ず|「論語」里仁第四06

73 – 過を観て斯に仁を知る|「論語」里仁第四07

74 – 朝に道を聞けば、夕に死すとも可なり|「論語」里仁第四08

75 – 未だ与に議るに足らざるなり|「論語」里仁第四09

76 – 義と之れ与に比う|「論語」里仁第四10

77 – 君子は徳を懐い、小人は土を懐う|「論語」里仁第四11

78 – 利に放りて行えば、怨多し|「論語」里仁第四12

79 – 能く礼讓を以て国を為めずんば、礼を如何にせん|「論語」里仁第四13

80 – 位無きを患えずして、立つ所以を患う|「論語」里仁第四14

81 – 夫子の道は、忠恕のみ|「論語」里仁第四15

82 – 君子は義に喩り、小人は利に喩る|「論語」里仁第四16

83 – 賢を見ては斉しからんことを思い|「論語」里仁第四17

84 – 父母に事えては幾くに諫む|「論語」里仁第四18

85 – 父母在せば、遠く遊ばず|「論語」里仁第四19

86 – 三年父の道を改むる無きは、孝と謂う可し|「論語」里仁第四20

87 – 一は則ち以て喜び、一は則ち以て懼る|「論語」里仁第四21

88 – 言を之れ出さざるは、躬の逮ばざるを恥じてなり|「論語」里仁第四22

89 – 約を以て之を失う者は鮮し|「論語」里仁第四23

90 – 君子は言に訥にして、行いに敏ならんと欲す|「論語」里仁第四24

91 – 徳は孤ならず、必ず鄰有り|「論語」里仁第四25

92 – 朋友に數すれば、斯に疏んぜらる|「論語」里仁第四26


【公冶長第五】01-28

93 – 子、公冶長を謂う、妻すべきなり|「論語」公冶長第五01

94 – 子、南容を謂う|「論語」公冶長第五02

95 – 子、子賤を謂う、君子なるかな若き人|「論語」公冶長第五03

96 – 子曰わく、女は器なり|「論語」公冶長第五04

97 – 焉んぞ佞を用いん|「論語」公冶長第五05

98 – 吾斯を之れ未だ信ずること能わず|「論語」公冶長第五06

99 – 我に従わん者は其れ由なるか|「論語」公冶長第五07

100 – 其の仁を知らざるなり|「論語」公冶長第五08

101 – 如かざるなり。吾と女と如ざるなり|「論語」公冶長第五09

102 – 今吾人に於けるや、其の言を聴きて其の行いを観る|「論語」公冶長第五10

103 – 棖や慾あり。焉んぞ剛なるを得ん|「論語」公冶長第五11

104 – 賜や爾が及ぶ所に非ざるなり|「論語」公冶長第五12

105 – 夫子の文章は、得て聞くべきなり|「論語」公冶長第五13

106 – 唯聞く有らんことを恐る|「論語」公冶長第五14

107 – 孔文子は何を以て之を文と謂うや|「論語」公冶長第五15

108 – 君子の道四有り|「論語」公冶長第五16

109 – 久しくして之を敬す|「論語」公冶長第五17

110 – 何如ぞ其れ知ならん|「論語」公冶長第五18

111 – 未だ知らず、焉んぞ仁なるを得ん|「論語」公冶長第五19

112 – 再びせば斯れ可なり|「論語」公冶長第五20

113 – 其の愚は及ぶべからざるなり|「論語」公冶長第五21

114 – 帰らんか帰らんか|「論語」公冶長第五22

115 – 舊悪を念わず。怨是を用て希なり|「論語」公冶長第五23

116 – 諸を其の鄰に乞うて之を与う|「論語」公冶長第五24

117 – 左丘明之を恥ず、丘も亦之を恥ず|「論語」公冶長第五25

118 – 盍ぞ各爾の志を言わざる|「論語」公冶長第五26

119 – 子曰わく、已んぬるかな|「論語」公冶長第五27

120 – 子丘の学を好むに如かざるなり|「論語」公冶長第五28


【雍也第六】01-28

121 – 子曰わく、雍の言然り|「論語」雍也第六01

122 – 顔回なる者有り学を好めり|「論語」雍也第六02

123 – 以て爾が鄰里郷党に与えんか|「論語」雍也第六03

124 – 山川其れ諸を舎てんや|「論語」雍也第六04

125 – 回や、其の心三月仁に違わず|「論語」雍也第六05

126 – 政に従うに於て何か有らん|「論語」雍也第六06

127 – 善く我が為に辞せよ|「論語」雍也第六07

128 – 斯の人にして而も斯の疾あるや|「論語」雍也第六08

129 – 回や其の楽しみを改めず。賢なるかな回や|「論語」雍也第六09

130 – 今女は画れり|「論語」雍也第六10

131 – 女君子の儒と為れ、小人の儒と為る無かれ|「論語」雍也第六11

132 – 行不由径、非公事、未嘗至於偃之室也|「論語」雍也第六12

133 – 孟之反伐らず|「論語」雍也第六13

134 – 難いかな今の世に免れんこと|「論語」雍也第六14

135 – 何ぞ斯の道に由ること莫きや|「論語」雍也第六15

136 – 文質彬彬として、然る後に君子なり|「論語」雍也第六16

137 – 之を罔いて生くるや、幸にして免るるなり|「論語」雍也第六17

138 – 之を好む者は之を楽しむ者に如かず|「論語」雍也第六18

139 – 中人以上には、以て上を語るべきなり|「論語」雍也第六19

140 – 仁者は難きを先にして獲ることを後にす、仁と謂うべし|「論語」雍也第六20

141 – 知者は楽しみ、仁者は寿し|「論語」雍也第六21

142 – 斉一変せば魯に至らん。魯一変せば道に至らん|「論語」雍也第六22

143 – 觚觚ならず。觚ならんや|「論語」雍也第六23

144 – 欺くべきも、罔うべからざるなり|「論語」雍也第六24

145 – 亦以て畔かざるべし|「論語」雍也第六25

146 – 予が否なる所の者は、天之を厭たん|「論語」雍也第六26

147 – 中庸の德たるや、其れ至れるかな|「論語」雍也第六27

148 – 能く近く譬を取る。仁の方と謂うべきのみ|「論語」雍也第六28

【述而第七】01-37

149 – 述べて作らず。信じて古を好む|「論語」述而第七01

150 – 黙して之を識し、学びて厭わず、人を誨えて倦まず|「論語」述而第七02

151 – 是れ吾が憂なり|「論語」述而第七03

152 – 申申如たり、夭夭如たり|「論語」述而第七04

153 – 久しきかな、吾復夢に周公を見ず|「論語」述而第七05

154 – 道に志し、徳に拠り、仁に依り、芸に游ぶ|「論語」述而第七06

155 – 吾未だ嘗て誨うること無くんばあらず|「論語」述而第七07

156 – 一隅を挙げて、三隅を以て反らざれば、則ち復せざるなり|「論語」述而第七08

157 – 子喪ある者の側に食すれば、未だ嘗て飽かざるなり|「論語」述而第七09

158 – 必ずや事に臨みて懼れ、謀を好みて成さん者なり|「論語」述而第七10

159 – 吾が好む所に従わん|「論語」述而第七11

160 – 子の慎む所は、斉、戦、疾|「論語」述而第七12

161 – 図らざりき楽を為すことの斯に至らんとは|「論語」述而第七13

162 – 仁を求めて仁を得たり。又何をか怨みん|「論語」述而第七14

163 – 楽しみも亦其の中に在り|「論語」述而第七15

164 – 五十にして以て易を学べば、以て大過無かるべし|「論語」述而第七16

165 – 子の雅に言う所は詩書、執礼皆雅に言うなり|「論語」述而第七17

166 – 女奚ぞ曰わざる、其の人と為りや|「論語」述而第七18

167 – 我は生れながらにして之を知る者に非ず|「論語」述而第七19

168 – 子怪力乱神を語らず|「論語」述而第七20

169 – 三人行えば、必ず我が師有り|「論語」述而第七21

170 – 天徳を予に生せり|「論語」述而第七22

171 – 吾行うとして二三子と与にせざる者無し。是れ丘なり|「論語」述而第七23

172 – 子四を以て教う。文行忠信|「論語」述而第七24

173 – 難いかな恒有ること|「論語」述而第七25

174 – 子釣して綱せず。弋して宿を射ず|「論語」述而第七26

175 – 知るの次なり|「論語」述而第七27

176 – 人己を絜くして以て進まば、其の絜きに与せん|「論語」述而第七28

177 – 我仁を欲すれば、斯に仁至る|「論語」述而第七29

178 – 苟くも過有れば、人必ず之を知る|「論語」述而第七30

179 – 而る後に之に和す|「論語」述而第七31

180 – 吾未だ之を得ること有らざるなり|「論語」述而第七32

181 – 弟子学ぶこと能わざるなり|「論語」述而第七33

182 – 丘の祈ること久し|「論語」述而第七34

183 – 其の不孫ならんよりは寧ろ固しかれ|「論語」述而第七35

184 – 君子は坦かに蕩蕩たり。小人は長えに戚戚たり|「論語」述而第七36

185 – 子温にして厲し。威にして猛からず。恭にして安し|「論語」述而第七37

【泰伯第八】01-21

186 – 泰伯は其れ至徳と謂うべきのみ|「論語」泰伯第八01

187 – 君子親に篤ければ、則ち民仁に興る|「論語」泰伯第八02

188 – 而今よりして後、吾免るるを知るかな|「論語」泰伯第八03

189 – 君子道に貴ぶ所の者三|「論語」泰伯第八04

190 – 昔者吾が友、嘗て斯に従事せり|「論語」泰伯第八05

191 – 君子人か、君子人なり|「論語」泰伯第八06

192 – 仁以て己が任と為す、亦重からずや|「論語」泰伯第八07

193 – 詩に興り、礼に立ち、楽に成る|「論語」泰伯第八08

194 – 之を知らしむべからず|「論語」泰伯第八09

195 – 人にして不仁なる、之を疾むこと已甚しければ乱る|「論語」泰伯第八10

196 – 如し周公の才の美有りとも|「論語」泰伯第八11

197 – 三年学びて、穀に至らざるは|「論語」泰伯第八12

198 – 篤く信じて学を好み、死を守りて道を善くす|「論語」泰伯第八13

199 – 其の位に在らざれば、其の政を謀らず|「論語」泰伯第八14

200 – 洋洋乎として耳に盈てるかな|「論語」泰伯第八15

201 – 吾は之を知らず|「論語」泰伯第八16

202 – 学は及ばざるが如くするも、猶之を失わんことを恐る|「論語」泰伯第八17

203 – 而して与らず|「論語」泰伯第八18

204 – 煥乎として、其れ文章有り|「論語」泰伯第八19

205 – 周の徳は、其れ至徳と謂うべきのみ|「論語」泰伯第八20

206 – 禹は吾間然すること無し|「論語」泰伯第八21

【子罕第九】01-31

207 – 子罕に利を言う|「論語」子罕第九01

208 – 吾は御を執らん|「論語」子罕第九02

209 – 衆に違うと雖も、吾は下に従わん|「論語」子罕第九03

210 – 子四を絶つ|「論語」子罕第九04

211 – 匡人其れ予を如何にせん|「論語」子罕第九05

212 – 君子は多からんや。多からざるなり。|「論語」子罕第九06

213 – 吾試いられず故に芸ありと|「論語」子罕第九07

214 – 我其の両端を叩いて竭くす|「論語」子罕第九08

215 – 鳳鳥至らず、河図を出さず|「論語」子罕第九09

216 – 之を見て少しと雖も必ず作ち、之を過ぐれば必ず趨る|「論語」子罕第九10

217 – 之に従わんと欲すと雖も、由末きのみ|「論語」子罕第九11

218 – 無寧二三子の手に死なんか|「論語」子罕第九12

219 – 我は賈を待つ者なり|「論語」子罕第九13

220 – 君子之に居らば、何の陋しきか之有らん|「論語」子罕第九14

221 – 吾衛より魯に反りて、然る後に楽正しく|「論語」子罕第九15

222 – 何か我に有らんや|「論語」子罕第九16

223 – 逝く者は斯の如きか|「論語」子罕第九17

224 – 吾未だ徳を好むこと色を好むが如くする者を見ざるなり|「論語」子罕第九18

225 – 進むは吾が往くなり|「論語」子罕第九19

226 – 之れ語げて惰らざる者は、其れ回なるか|「論語」子罕第九20

227 – 未だ其の止まるを見ざるなり|「論語」子罕第九21

228 – 秀でて実らざる者あり|「論語」子罕第九22

229 – 斯れ亦畏るるに足らざるのみ|「論語」子罕第九23

230 – 吾之を如何ともする末きのみ|「論語」子罕第九24

231 – 忠信を主とし|「論語」子罕第九25

232 – 匹夫も志を奪うべからざるなり|「論語」子罕第九26

233 – 何ぞ以て臧しとするに足らん|「論語」子罕第九27

234 – 松柏の彫むに後るるを知るなり|「論語」子罕第九28

235 – 知者は惑わず、仁者は憂えず、勇者は懼れず|「論語」子罕第九29

236 – 未だ与に權るべからず|「論語」子罕第九30

237 – 未だ之を思わざるなり|「論語」子罕第九31

【郷党第十】01-18

238 – 唯謹めるのみ|「論語」郷党第十01

239 – 君在せば、踧踖如たり、与与如たり|「論語」郷党第十02

240 – 必ず復命して曰わく|「論語」郷党第十03


毎日、いち章句ずつ更新中!

2021年2月15日月曜日から毎日1章句〜の解釈・解説を公開中。

平日午前中に、章句の解説と論語の素読を生配信しています。
フォローお願いします。
生配信中!
https://www.instagram.com/chiakitanakura/
Youtubeチャンネル
youtube.com/channel/UC4I4v_U6MGGPhCcFC3LaqoQ
SNS
https://twitter.com/chiakiduffy
https://www.facebook.com/rongosodoku


Comming soon…
【先進第十一】01-24、【顔淵第十二】01-24、【子路第十三】01-30、【検問第十四】01-47、【衛霊公第十五】01-41、【季氏第十六】01-14、【陽貨十七】01-26、【微子第十八】01-11、【子張第十九】01-25、【尭曰第二十】01-04