論語、素読会

「論語」索引|論語、素読会

「論語」参考文献|論語、素読会

「論語」についてのFAQ|論語、素読会

「論語」の登場人物|論語、素読会


論語のことば解説

『仁』 『信』 『孝』『弟』 『礼』 『義』 『道』 『徳』


論語章句の解釈&解説

【学而第一】01-16

学びて時に之を習う、亦た説ばしからずや|「論語」学而第一01

孝弟なる者は、其れ仁を為すの本か|「論語」学而第一02

巧言令色鮮なし仁|「論語」学而第一03

吾日に吾が身を三省す|「論語」学而第一04

千乗の國を導くに|「論語」学而第一05

弟子、入りては則ち孝|「論語」学而第一06

賢を賢として色に易え|「論語」学而第一07

君子重からざれば則ち威あらず|「論語」学而第一08

終を慎み遠きを追えば|「論語」学而第一09

夫子の是の邦に至るや、必ず其の政を聞く|「論語」学而第一10

父在すときは其の志を観|「論語」学而第一11

礼の用は和を貴しと為す|「論語」学而第一12

信義に近きときは、言復むべきなり|「論語」学而第一13

君子は食は飽かんことを求むる無|「論語」学而第一14

切するが如く磋するが如く、琢するが如く磨するが如しと|「論語」学而第一15

人の己を知らざるを患えず|「論語」学而第一16


【為政第二】01-24

政を為すに徳を以てすれば|「論語」為政第二01

詩三百、一言以ってすれば之を蔽う|「論語」為政第二02

之を道くに徳を以てし、之を斉うるに礼を以てすれば|「論語」為政第二03

四十にして惑はず、五十にして天命を知る|「論語」為政第二04

孟懿子孝を問う。子曰わく、違うこと無し|「論語」為政第二05

父母は唯だ其の疾を之れ憂う|「論語」為政第二06

敬せずんば何を以て別たんや|「論語」為政第二07

子夏孝を問う。子曰わく、色難し|「論語」為政第二08

吾回と言うに、終日違はざること愚なるが如し|「論語」為政第二09

人焉くんぞ廋さんや|「論語」為政第二10

故きを温ねて新しきを知る|「論語」為政第二11

君子は器ならず|「論語」為政第二12

先ず行う其の言は、而る後に之に従う|「論語」為政第二13

君子は周して比せず、小人は比して周せず|「論語」為政第二14

学びて思わざれば則ち罔し、思ひて学ばざれば則ち殆し|「論語」為政第二15

異端を攻むるは、斯れ害のみ|「論語」為政第二16

之を知るを之を知ると為し、知らざるを知らずと為せ。是れ知るなり|「論語」為政第二17

言に尤寡なく行いに悔寡なければ、禄其の中に在り|「論語」為政第二18

直きを挙げて諸を枉れるに錯けば、則ち民服す|「論語」為政第二19

之に臨むに荘を以てすれば則ち敬す|「論語」為政第二20

書に云う、孝なるかな惟れ孝、兄弟に友に、有政に施す|「論語」為政第二21

人にして信無くんば、其の可なるを知らざるなり|「論語」為政第二22

其れ或いは周を継ぐ者は、百世と雖も知るべきなり|「論語」為政第二23

義を見て為さざるは、勇無きなり|「論語」為政第二24


【八佾第三】01-26

是をも忍ぶべくんば、孰れをか忍ぶべからざらんや|「論語」八佾第三01

相くるに維れ辟公あり、天子穆穆たりと|「論語」八佾第三02

人にして仁あらずんば、礼を如何にせん|「論語」八佾第三03

礼は其の奢らんよりは寧ろ倹なれ|「論語」八佾第三04

諸夏の亡きが如くならざるなり|「論語」八佾第三05

嗚呼、曾ち泰山は林放に如かずと謂えるか|「論語」八佾第三06

君子は争う所無し。必や射か|「論語」八佾第三07

絵の事は素より後にす。曰わく、礼は後か|「論語」八佾第三08

文獻足らざるが故なり。足らば則ち吾能く之を徴とせん|「論語」八佾第三09

吾之を観ることを欲せず|「論語」八佾第三10

其の掌を指す|「論語」八佾第三11

祭ること在すが如くし、神を祭ること神在すが如くす|「論語」八佾第三12

罪を天に獲れば、禱る所無なきなり|「論語」八佾第三13

吾は周に従わん|「論語」八佾第三14

子之を聞きて曰わく、是れ礼なり|「論語」八佾第三15

射は皮を主とせず。力科を同じくせざるが為なり|「論語」八佾第三16

我は其の礼を愛しむ|「論語」八佾第三17

君に事えて礼を尽くせば|「論語」八佾第三18

君は臣を使うに礼を以てし、臣は君に事うるに忠を以てす|「論語」八佾第三19

関雎楽而不淫、哀而不傷|「論語」八佾第三20

成事は説かず、遂事は諫めず、既往は咎めず|「論語」八佾第三21

管氏にして礼を知らば、孰か礼を知らざらん|「論語」八佾第三22

楽は其れ知るべきなり|「論語」八佾第三23

天将に夫子を以て木鐸と為さんとす|「論語」八佾第三24

武を謂わく、美を尽せり、未だ善を尽さざるなり|「論語」八佾第三25

吾何を以て之を観んや|「論語」八佾第三26


【里仁第四】01-26

仁に里るを美と為す|「論語」里仁第四01

仁者は仁に安んじ、知者は仁を利す|「論語」里仁第四02

惟仁者のみ能く人を好み、能く人を悪む|「論語」里仁第四03

苟くも仁に志せば、悪しきこと無きなり|「論語」里仁第四04

君子は仁を去りて、悪くにか名を成さん|「論語」里仁第四05

我未だ仁を好する者不仁を悪む者を見ず|「論語」里仁第四06

過を観て斯に仁を知る|「論語」里仁第四07

朝に道を聞けば、夕に死すとも可なり|「論語」里仁第四08

未だ与に議るに足らざるなり|「論語」里仁第四09

義と之れ与に比う|「論語」里仁第四10

君子は徳を懷い、小人は土を懷う|「論語」里仁第四11

利に放りて行えば、怨多し|「論語」里仁第四12

能く礼讓を以て国を為めずんば、礼を如何にせん|「論語」里仁第四13

位無きを患えずして、立つ所以を患う|「論語」里仁第四14

夫子の道は、忠恕のみ|「論語」里仁第四15

君子は義に喩り、小人は利に喩る|「論語」里仁第四16

賢を見ては斉しからんことを思い|「論語」里仁第四17

父母に事えては幾くに諫む|「論語」里仁第四18

父母在せば、遠く遊ばず|「論語」里仁第四19

三年父の道を改むる無きは、孝と謂う可し|「論語」里仁第四20

一は則ち以て喜び、一は則ち以て懼る|「論語」里仁第四21

言を之れ出さざるは、躬の逮ばざるを恥じてなり|「論語」里仁第四22

約を以て之を失う者は鮮し|「論語」里仁第四23

君子は言に訥にして、行いに敏ならんと欲す|「論語」里仁第四24

徳は孤ならず、必ず鄰有り|「論語」里仁第四25

朋友に數すれば、斯に疏んぜらる|「論語」里仁第四26


【公冶長第五】01-28

子、公冶長を謂う、妻すべきなり|「論語」公冶長第五01

子、南容を謂う。|「論語」公冶長第五02

子、子賤を謂う、君子なるかな若き人|「論語」公冶長第五03


毎日、いち章句ずつ更新中!

2021年2月15日月曜日から毎日1章句〜の解釈・解説を公開中。

平日毎朝7:35〜8:00 章句の解説と論語の素読を生配信しています。
フォローお願いします。
生配信中!
https://www.instagram.com/chiakitanakura/
SNS
https://twitter.com/chiakiduffy
https://www.facebook.com/rongosodoku


Comming soon…
【雍也第六】01-28、【述而第七】01-37、【泰伯第八】01-21、【子罕第九】01-31、【郷党第十】01-18、【先進第十一】01-24、【顔淵第十二】01-24、【子路第十三】01-30、【検問第十四】01-47、【衛霊公第十五】01-41、【季氏第十六】01-14、【陽貨十七】01-26、【微子第十八】01-11、【子張第十九】01-25、【尭曰第二十】01-04