blog

「論語」の登場人物|論語、素読会

有子(ゆうし)

姓は有、名は若、字は子有。孔子より十三歳若い。

其の人と為りや孝弟にして|「論語」学而第一02
礼の用は和を貴しと為す|「論語」学而第一12
信義に近きときは、言復むべきなり|「論語」学而第一13

曾子(そうし)

姓は曾、名は参、字は子輿。孔子より46歳若い。
孔子の教えを伝えた第一人者と言われています。

吾日に吾が身を三省す|「論語」学而第一04
終を慎み遠きを追えば|「論語」学而第一09
夫子の道は、忠恕のみ|「論語」里仁第四15

子夏(しか)商(しょう)

姓は卜(ぼく)、名は「商」、字(あざな)は「子夏」。孔子より44歳年下。
衛の人。つつましやかでまじめな人柄で、また消極的だったらしい。

賢を賢として色に易え|「論語」学而第一07
子夏孝を問う。子曰わく、色難し|「論語」為政第二08
絵の事は素より後にす。曰わく、礼は後か|「論語」八佾第三08
女君子の儒と為れ、小人の儒と為る無かれ|「論語」雍也第六11
 ※学問好きの子夏は志を持って学究するように孔子から伝えられた。

子禽(しきん)

姓は陳、名は亢、子禽は字。孔子より40歳若い。

夫子の是の邦に至るや、必ず其の政を聞く|「論語」学而第一10

子貢(しこう)賜(し)

姓は端木(たんぼく)、名は賜(し)、字は子貢(しこう)。孔子より31歳若い。「論語」の中で孔子との問答がもっとも多い。言葉巧みな雄弁家で自信家だったが、孔子には聡明さを褒められ、言葉の多さを指摘されている。
経済面で能力が高かったと言われている。

夫子の是の邦に至るや、必ず其の政を聞く|「論語」学而第一10
切するが如く磋するが如く、琢するが如く磨するが如しと|「論語」学而第一15
 ※この章句では、孔子から親しみを込めて名で呼ばれている。
先ず行う其の言は、而る後に之に従う|「論語」為政第二13
我は其の礼を愛しむ|「論語」八佾第三17
子曰わく、女は器なり|「論語」公冶長第五04
 ※この章句では、自分のことを名で呼んでいる。
如かざるなり。吾と女と如ざるなり|「論語」公冶長第五09
 ※この章句では、自分のことを名で呼んでいる。
賜や爾が及ぶ所に非ざるなり|「論語」公冶長第五12
夫子の文章は、得て聞くべきなり|「論語」公冶長第五13
賜や達なり。政に従うに於て何か有らん|「論語」雍也第六06
 ※物事をよく知っている、政治を担当することに問題ないと評価されている。

孟懿子(もういし)

仲孫(孟孫)氏の第五世、第九代目。名は何忌。懿は贈り名。魯(ろ)の大夫。魯は孔子が生まれ育った国。大夫は周代から春秋戦国時代にかけて領地を持った貴族(王族、公族を含む)のことを呼んだ。彼らは国政に参加していた。論語によく登場する孟武伯(もうぶはく)の父。

孟懿子孝を問う。子曰わく、違うこと無し|「論語」為政第二05

孟武伯(もうぶはく)

孟懿子(もういし)の子。名は彘(てい)。武は贈り名。伯は字で長子(第一子)のこと。魯(ろ)の大夫。魯は孔子が生まれ育った国。大夫は周代から春秋戦国時代にかけて領地を持った貴族(王族、公族を含む)のことを呼んだ。彼らは国政に参加していた。ぜいたく、わがままな振る舞いが多く、健康には恵まれなかった。

父母は唯だ其の疾を之れ憂う|「論語」為政第二06
其の仁を知らざるなり|「論語」公冶長第五08

樊遅(はんち)

姓は樊、名は須、字は子遅(しち)。孔子より34歳若い。孔子が移動に使う牛車の御者(運転手)を務めた。真面目な人柄で論語にもたびたび登場する。

孟懿子孝を問う。子曰わく、違うこと無し|「論語」為政第二05
仁者は難きを先にして獲ることを後にす、仁と謂うべし|「論語」雍也第六20

子游(しゆう)

姓は言、名は偃(えん)、字は子游。武城の町の宰(長官)となる。孔子より45歳若い。

敬せずんば何を以て別たんや|「論語」為政第二07
朋友に數すれば、斯に疏んぜらる|「論語」里仁第四26
行不由径、非公事、未嘗至於偃之室也|「論語」雍也第六12
 ※武城の長官になったとき、補佐役の人材登用について孔子から尋ねられている。

顔淵(がんえん)回(かい)

姓は顔、名は回、字は子淵(しえん)。孔子より30歳若い。孔子よりも早く、30歳(一説では40歳とも)で死んだ。秀才で、門人の中で一番の学問好き。孔子の第一の弟子ともいわれる。
もの静かだが孔子の教えを充分に実践しており、一を聞いて十を知る孔子もかなわない部分を持つ秀才。

吾回と言うに、終日違はざること愚なるが如し|「論語」為政第二09
 ※孔子の前ではもの静かだが、孔子の教えを充分に実践していると評価されている。
 ※この章句では、孔子から親しみを込めて名で呼ばれている。
如かざるなり。吾と女と如ざるなり|「論語」公冶長第五09
 ※一を聞いて十を知る。孔子もかなわない部分があると認めています。
 ※この章句では、孔子から親しみを込めて名で呼ばれている。
顔回なる者有り学を好めり|「論語」雍也第六02
 ※孔子は弟子の中で学問を好む者として哀公(あいこう)に答えているが、同時に彼の死を伝え彼以上に学問を好む者はいないと伝えている。
回や、其の心三月仁に違わず|「論語」雍也第六05
 ※孔子は常に「仁」の中に居ると評価している。
回や其の楽しみを改めず。賢なるかな回や|「論語」雍也第六09
 ※孔子は顔淵の賢明さを褒めている。

子路(しろ)季路(きろ)由(ゆう)仲由(ちゅうゆう)

姓は仲(ちゅう)、名は由、字は子路・季路。孔子より9歳若く孔子門人の中で最年長。孔子のボディガード役を果たした。

之を知るを之を知ると為し、知らざるを知らずと為せ。是れ知るなり|「論語」為政第二17
 ※この章句では、孔子から親しみを込めて名で呼ばれている。
其の仁を知らざるなり|「論語」公冶長第五08
 ※千乗の規模を誇る国の軍隊を扱わせるだけの能力があると孔子に評価された。
唯聞く有らんことを恐る|「論語」公冶長第五14
 ※学びをひとつひとつ実践することを心がけ、それが不十分であれば新しい学びを知ることさえ恐れる実直さを持っていた。
由や果なり。政に従うに於て何か有らん|「論語」雍也第六06
 ※決断力がある、政治を担当することに問題ないと評価されている。

子張(しちょう)

姓は顓孫(せんそん)、名は師、字は子張。孔子より48歳若い。

言に尤寡なく行いに悔寡なければ、禄其の中に在り|「論語」為政第二18
其れ或いは周を継ぐ者は、百世と雖も知るべきなり|「論語」為政第二23
未だ知らず、焉んぞ仁なるを得ん|「論語」公冶長第五19

哀公(あいこう)

魯の君主。名は蔣。10歳で即位した。孔子を重用した定公の後に即位して27年在位した。

直きを挙げて諸を枉れるに錯けば、則ち民服す|「論語」為政第二19
成事は説かず、遂事は諫めず、既往は咎めず|「論語」八佾第三21
顔回なる者有り学を好めり|「論語」雍也第六02

季康子(きこうし)

魯の大夫。季氏(季孫氏)の七代目。名は肥、贈り名は康。孔子の門人、冉求、子貢、子路、樊遅らを任用し、冉求の求めで孔子を招いたりもした。

之に臨むに荘を以てすれば則ち敬す|「論語」為政第二20

季氏(きし)

季孫氏(きそんし)。魯の大夫、三桓(孟孫氏、叔孫氏、季孫氏)のひとつ。魯の襄公のころから大臣職を独占し、襄公を無視して権力を欲しいままにした。

是をも忍ぶべくんば、孰れをか忍ぶべからざらんや|「論語」八佾第三01
嗚呼、曾ち泰山は林放に如かずと謂えるか|「論語」八佾第三06
善く我が為に辞せよ|「論語」雍也第六07

三家者(さんかしゃ)

三桓(さんかん)。魯の大夫、孟孫氏・叔孫氏・季孫氏の三氏の家。

相くるに維れ辟公あり、天子穆穆たりと|「論語」八佾第三02

林放(りんぽう)

魯の人。おそらく孔子の弟子だが、司馬遷の史記には記述がないそうです。

礼は其の奢らんよりは寧ろ倹なれ|「論語」八佾第三04
嗚呼、曾ち泰山は林放に如かずと謂えるか|「論語」八佾第三06

冉有(ぜんゆう)求(きゅう)冉求(ぜんきゅう)

姓は冉(ぜん)、名は求(きゅう)また有(ゆう)。字は子有(しゆう)。孔子より29歳若い。温和な性格だったようです。

嗚呼、曾ち泰山は林放に如かずと謂えるか|「論語」八佾第三06
 ※季氏の非礼を正すことができるか孔子から尋ねられますができないと答えています。やや消極的な印象を受けます。
其の仁を知らざるなり|「論語」公冶長第五08
 ※孔子の人物評では、千戸の集落の長官や、百乗の領地を持つ大夫の家の家老なら務まる。
以て爾が鄰里郷党に与えんか|「論語」雍也第六03
求や芸あり。政に従うに於て何か有らん|「論語」雍也第六06
 ※多才な人物であり、政治を担当することに問題ないと評価されている。
今女は画れり|「論語」雍也第六10
 ※やる前から自分に限界を作っていると孔子から指導、励まされている。

王孫賈(おうそんか)

衛(えい)の国の大夫。霊公(れいこう)に仕えて軍を統率した名臣。

罪を天に獲れば、禱る所無なきなり|「論語」八佾第三13

定公(ていこう)

魯の君主。孔子が仕えた。

君は臣を使うに礼を以てし、臣は君に事うるに忠を以てす|「論語」八佾第三19

宰我(さいが)宰予(さいよ)予(よ)

宰我(さいが)。孔子の門人。姓は宰、名は予、字は子我(しが)。弁論にすぐれていた一方、日中に昼寝をして孔子を嘆かせた。

成事は説かず、遂事は諫めず、既往は咎めず|「論語」八佾第三21
今吾人に於けるや、其の言を聴きて其の行いを観る|「論語」公冶長第五10
 ※この章句で、昼寝をして孔子を嘆かせた。

管仲(かんちゅう)

大夫(臣下)として桓公(かんこう)を助けた。「管子」七十八編を記した。孔子より170年、180年以前の人。

管氏にして礼を知らば、孰か礼を知らざらん|「論語」八佾第三22

公冶長(こうやちょう)

姓は公冶、名は長または萇。字は子長または子芝。鳥の言葉を理解したといい、それが原因で投獄された。孔子はその人柄を信じて自分の娘を嫁がせた。

子、公冶長を謂う、妻すべきなり|「論語」公冶長第五01

南容(なんよう)

姓は「南宮」(なんきゅう)、名は括・适(かつ)または縚・韜(とう)、字は子容(しよう)。南容は南宮子容の略。孔子の門人。

子、南容を謂う|「論語」公冶長第五02

子賤(しせん)

姓は宓(ふく)、名は不斉(ふせい)、字は子賤(しせん)。孔子より四十九歳若い。

子、子賤を謂う、君子なるかな若き人|「論語」公冶長第五03

仲弓(ちゅうきゅう)「雍」(よう)

姓は冉(ぜん)、名は雍(よう)、字は仲弓(ちゅうきゅう)。孔子より二十九歳若い門人。李氏の宰になった。

或ひと曰わく、雍や仁にして佞ならず。|「論語」公冶長第五05
 ※この章句により寡黙な様子が伝わる。
子曰わく、雍の言然り|「論語」雍也第六01
 ※諸侯として政治を任せてもいい人物だと孔子から評価されている。
山川其れ諸を舎てんや|「論語」雍也第六04

漆彫開(しっちょうかい)

姓は漆彫、名は開・啓、字は子開(子啓)・子若。孔子より十一歳若い。孔子から能力を買われ仕官を打診されてもなお、まだ充分ではないと言って孔子をよろこばせた。

吾斯を之れ未だ信ずること能わず|「論語」公冶長第五06
 ※孔子から能力を買われ仕官を打診されてもなお、まだ充分ではないと言って孔子をよろこばせた。

公西華(こうせいか)赤(せき)子華(しか)

姓は公西(こうせい)、名は赤(せき)、字は子華(しか)。孔子より四十二歳若い。儀式・礼法に通じ、孔子が亡くなったときの葬儀委員長を務めたという。

其の仁を知らざるなり|「論語」公冶長第五08
 ※孔子の人物評では、礼服を着て朝廷に立ち、お客様の応対を任せることができる。
以て爾が鄰里郷党に与えんか|「論語」雍也第六03

申棖(しんとう)棖(とう)

姓は申、名は棖、また党・棠・続、字は周。章句から孔子の弟子だと考えられる。剛く見える人物だったが、孔子は本当に強いひとと呼べるだろうかといった。

棖や慾あり。焉んぞ剛なるを得ん|「論語」公冶長第五11

仲叔(ちゅうしゅくぎょ)孔文子(こうぶんし)

姓は孔、名は、贈り名は文。衛の国の大夫。贈り名として「文」は最上の文字。

孔文子は何を以て之を文と謂うや|「論語」公冶長第五15
 ※子貢は彼がなぜ最上の贈り名である「文」を得たのか、孔子に尋ねている。

公孫僑(こうそんきょう)子産(しさん)

鄭(てい)の国の大夫。姓は公孫(こうそん)、名は僑(きょう)・子美(しび)、子産は字。優れた政治家。教養人とたたえられる。簡公(かんこう)・定公(ていこう)・献公(けんこう)・声公(せいこう)の四代に仕え、晋(しん)・楚(そ)の両国に挟まれた鄭の国力の充実に尽力した。

君子の道四有り|「論語」公冶長第五16

晏平仲(あんへいちゅう)

姓は晏、名は嬰(えい)、字は仲、贈り名は平。斉の大夫。霊公(れいこう)、荘公(そうこう)、景公(けいこう)の三代に仕えた。

久しくして之を敬す|「論語」公冶長第五17

臧文仲(ぞうぶんちゅう)

魯の大夫。姓は臧孫(ぞうそん)、名は辰(しん)、は仲(ちゅう)、贈り名は文(ぶん)。荘公(そうこう)、閔公(びんこう)、僖公(きこう)、文公(ぶんこう)の四代にわたって魯の大夫でした。

何如ぞ其れ知ならん|「論語」公冶長第五18

令尹子文(れいいんしぶん)

姓は闘(とう)、名は穀於菟(とうおと)。字は子文。春秋時代の初め、楚の令尹(宰相)を三度務め、三度辞めさせられたという。

未だ知らず、焉んぞ仁なるを得ん|「論語」公冶長第五19

崔子(さいし)

姓は崔、名は杼(ちょ)。斉(せい)の丁公(ていこう)の子孫で崔武子(さいぶし)ともいう。「武」は贈り名。

未だ知らず、焉んぞ仁なるを得ん|「論語」公冶長第五19

陳文子(ちんぶんし)

姓は陳・田(でん)、名は須無(しゅむ)。文は贈り名。斉の大夫。

未だ知らず、焉んぞ仁なるを得ん|「論語」公冶長第五19

甯武子(ねいぶし)

衛(えい)の成公(せいこう)の時の大夫。姓は甯、名は兪(ゆ)、武は贈り名。

其の愚は及ぶべからざるなり|「論語」公冶長第五21
 ※敢えて愚人の態度を取って、衛の成公を助けて国難を乗り越えたと、孔子に評価されている。

伯夷(はくい)|叔斉(しゅくせい)

伯夷(はくい) … 名は允(いん)
叔斉(しゅくせい) … 名は致(ち)。殷末、孤竹という小国の公子で、伯夷の弟。

舊悪を念わず。怨是を用て希なり|「論語」公冶長第五23
 ※清廉潔白な人柄であるだけでなく、寛容な人柄を孔子が評価している。

微生高(びせいこう)

姓は微生、名は高。

諸を其の鄰に乞うて之を与う|「論語」公冶長第五24
 ※融通がきかないほどの正直者だと伝えられていますが、その人柄について孔子の評価がこの章句です。

左丘明(さきゅうめい)

姓は左丘、名は明。孔子の先輩で、孔子の尊敬する人だったらしい。

左丘明之を恥ず、丘も亦之を恥ず|「論語」公冶長第五25
 ※ことば巧みでいい顔ばかりしてへりくだり過ぎることを恥じ、怨みを持ったまま友だち付き合いをすることを恥じた人物。孔子も同じだと語っています。

子桑伯子(しそうはくし)

よく分からない人物。集注に魯の人とある。

子曰わく、雍の言然り|「論語」雍也第六01
 ※威風堂々とした人物だと評されている。

原思(げんし)

姓は原(げん)、名は憲(けん)、字は子思(しし)。孔子より三十六歳若い。孔子が魯の司寇(しこう・長官)になったとき執事となった。貧しかったらしい。(論語集註

以て爾が鄰里郷党に与えんか|「論語」雍也第六03
 ※孔子からの俸禄が多すぎると辞退するような清廉なひとだったようだ。

閔子騫(びんしけん)

姓は閔、名は損(そん)、字は子騫。孔子より15歳若い。

善く我が為に辞せよ|「論語」雍也第六07

冉伯牛(ぜんはくぎゅう)伯牛(はくぎゅう)

姓は冉(ぜん)、名は耕(こう)、字は伯牛(はくぎゅう)。孔子より7歳若い。

斯の人にして而も斯の疾あるや|「論語」雍也第六08

孟之反(もうしはん)

姓は孟、名は子側(しそく)、字は之反。

孟之反伐らず|「論語」雍也第六13
 ※公正な人物だと孔子は語っている。

祝鮀(しゅくだ)

名は鮀。祝は宗廟の祭官の職。字は子魚。衛の大夫。口才があった。

難いかな今の世に免れんこと|「論語」雍也第六14
 ※口才があったと伝えている。

宋朝(そうちょう)

宋の公子。名は朝。美男であった。

難いかな今の世に免れんこと|「論語」雍也第六14
 ※美男であったと伝えている。