論語、素読会

『仁』とは?|論語、素読会

「仁」とは、論語の中で大切にされている「仁・義・礼・智・信」などの中で最も重要とされる思想。人を敬う気持ち、慮(おもんぱか)る気持ちなのではないかと思われる。

孝弟也者、其為仁之本與。
家庭で礼儀作法を守ろうと務める(努力した)ことは、「仁」に通じる根本ではないか。
孝弟なるものは、其れ仁を為すの本か|「論語」学而第一02

「仁」とは、思いやる慮る(おもんぱかる)の意。

巧言令色、鮮矣仁。
言葉巧みで愛想を繕う人は、実は思いやりが少ないなぁ。という意です。
巧言令色鮮なし仁|「論語」学而第一03

「仁」とは思いやりの気持ちや慮る(おもんぱかる)心を指すが、ここでは「仁」を持っている人を指していると考えます。

謹而信、汎愛衆而親仁、
行動を慎んで正直に生きて、広く人々に愛情を注ぎ、仁徳がある人と親しく付き合う。
謹みて信、汎く(ひろく)衆を愛して仁に親しみ|「論語」学而第一06