論語、素読会

『仁』とは?|論語、素読会

「仁」とは、論語の中で大切にされている「仁・義・礼・智・信」などの中で最も重要とされる思想。人を敬う気持ち、慮(おもんぱか)る気持ちなのではないかと思われる。

孝弟也者、其為仁之本與。
家庭で礼儀作法を守ろうと務める(努力した)ことは、「仁」に通じる根本ではないか。
孝弟なるものは、其れ仁を為すの本か|「論語」学而第一02

「仁」とは、思いやる慮る(おもんぱかる)の意。

巧言令色、鮮矣仁。
言葉巧みで愛想を繕う人は、実は思いやりが少ないなぁ。という意です。
巧言令色鮮なし仁|「論語」学而第一03

「仁」とは思いやりの気持ちや慮る(おもんぱかる)心を指すが、ここでは「仁」を持っている人を指していると考えます。

謹而信、汎愛衆而親仁、
行動を慎んで正直に生きて、広く人々に愛情を注ぎ、仁徳がある人と親しく付き合う。
謹みて信、汎く(ひろく)衆を愛して仁に親しみ|「論語」学而第一06

「仁」(じん)は論語で大切にしている言葉、愛、人を思いやる心です。

子曰、里仁為美。
孔先生がおっしゃった、「仁」の心を自分に置いている(自分の身についている)ことが美しい。
子曰わく、仁に里るを美と為す。|「論語」里仁第四01

択不處仁、焉得知。
自ら選択して「仁」を自分のこころに置かないのであれば、どうして智があるもになり得ようか。
択びて仁に處らずんば、焉んぞ知なるを得ん。|「論語」里仁第四01

「仁」(じん)は人間が生まれながらにして目指すべき徳性。

子曰、不仁者、不可以久処約。不可以長処楽。
孔先生がおっしゃった、仁徳がない者は、久しく逆境にいることができない。長く幸福を楽しむことはできない。
不仁者は、以て久しく約に処るべからず。以て長く楽に処るべからず。|「論語」里仁第四02

仁者安仁、知者利仁。
仁徳がある者は安定して安らかに仁を実践し、知者は仁の価値を知ってそれを実践する。
仁者は仁に安んじ、知者は仁を利す。|「論語」里仁第四02

「仁」(じん)は思いやりの心、仁者は私心がなく思いやりの心を持ったひと。

子曰、惟仁者能好人、能悪人。
孔先生がおっしゃった、ただ思いやりの心を持ったひとだけが、先入観なく正しくひとを愛し、正しくひとを悪む。
惟仁者のみ能く人を好み、能く人を悪む|「論語」里仁第四03

「仁」は論語で大切にしている、私心なくひとを思いやる心。

子曰、苟志於仁矣、無悪也。
孔先生がおっしゃった、わずかでもひとを思いやる心を志せば、悪いことをしたり悪事を企んだりすることはない。
苟くも仁に志せば、悪しきこと無きなり|「論語」里仁第四04

「仁」は論語で大切にしている心。私心なくひとを思いやる心。

君子去仁、悪乎成名。
君子が「仁」の道を外れたならば、どうして立派な人物だと認められようか。
君子は仁を去りて、悪くにか名を成さん|「論語」里仁第四05

君子無終食之間違仁、造次必於是、顚沛必於是。
君子は短い食事の時間であっても「仁」の道から離れることなく、あわただしいときも必ず「仁」の道に居て、つまずき倒れそうな場合でも必ず「仁」の道から離れることはない。
君子は食を終わるの間も仁に違うこと無く、造次にも必ず是に於てし、顚沛にも必ず是に於てす|「論語」里仁第四05

「仁」(じん)はひとを思いやる心、慮る(おもんぱかる)心。私心なくひとに接っすること。「仁」を持つか持たないかは選ぶことができ、ひとの上に立つ立派な人(君子)は「仁」を実践することだけでなく、常に「仁」の心に自らを置くことを求めている。

我未見好仁者悪不仁者。好仁者無以尚之。
私は未だに本当に仁を好む者、仁ではないことを嫌うものを見たことがない。仁を好む者はひととしてこれ以上加えるものはない。
我未だ仁を好する者不仁を悪む者を見ず。仁を好する者は以て之に尚うること無し。|「論語」里仁第四06

悪不仁者其為仁矣。不使不仁者加乎其身。
不仁(仁でないこと)を嫌う者は、すなわち仁を実践する。また、他の不仁者がその人の身に悪影響を加えることはない。
不仁を悪む者は其れ仁を為さん。不仁者をして其の身に加え使めず。|「論語」里仁第四06

有能一日用其力於仁矣乎、我未見力不足者。
せめて一日だけでも自分の力を仁に向けることがあるといい、私は未だにその力が不足している人を見たことがない。
能く一日も其の力を仁に用うること有らんか。我未だ力の足らざる者を見ず。|「論語」里仁第四06

「仁」(じん)は広くひとの思いやりの心を差すが、ここではひとの心の有り様や心根を差す。

観過斯知仁矣。
したがって、過失の内容を観察すると、その人の心のありよう、心根を知ることができる。
過を観て斯に仁を知る。|「論語」里仁第四07

「忠恕」(ちゅうじょ)の「忠」は誠実、「恕」は思いやり。ここでは「仁」を構成するものとして考えてもいいのではないか。

曾子曰、夫子之道、忠恕而已矣。
曾子はこいう答えた「孔先生が説かれる道は、「忠」と「恕」つまり誠実さと思いやりだけです。」と。
曾子曰わく、夫子の道は、忠恕のみ。|「論語」里仁第四15

「仁」(じん)はここでは仁者、仁の心を持つひと。仁はひとを思いやる心の中に生きるひと。

或曰、雍也仁而不佞。
雍は仁者だがうまく言葉で伝えることができない
或ひと曰わく、雍や仁にして佞ならず。|「論語」公冶長第五05

不知其仁、焉用佞。
仁者であるかどうかは別として、どうして口達者である必要があるだろうか。
其の仁を知らず、焉んぞ佞を用いん。|「論語」公冶長第五05

「仁」(じん)はここでは仁者のこと。孔子の門人にとっては目指す目標。思いやりのある人物。

孟武伯問、子路仁乎。子曰、不知也。
孟武伯が尋ねた「子路は仁者でしょうか。」孔先生がおっしゃった「子路が仁者かどうかは分からない。」と。
孟武伯問う、子路仁なりや。子曰わく、知らざるなり。|「論語」公冶長第五08

不知其仁也。
彼が仁者であるかどうかは判断できません。
其の仁を知らざるなり。|「論語」公冶長第五08

「仁」(じん)はここでは仁の心、思いやりの心を持った人、仁者。

仁矣乎。曰、未知、焉得仁。
子張は仁者でしょうかと尋ねた。孔先生は分からないね。それだけでどうして仁者といえようか。
曰わく、仁なりや。曰わく、未だ知らず、焉んぞ仁なるを得ん。|「論語」公冶長第五19

「仁」(じん)は心の徳を重ね徳性を高めること。

回也、其心三月不違仁。
回や、おまえの心は久しい間でも仁から離れることはないね。
回や、其の心三月仁に違わず|「論語」雍也第六05

「仁」とは、いやなことを自ら率先して行い利益を後にすること、仁者のこのような行動を「仁」という。

問仁、曰、仁者先難而後獲、可謂仁矣。
樊遅が「仁」について尋ねると、孔先生がおっしゃった、仁者はいやなことを自ら率先して行い、利益を後にする、これを「仁」というべき。
仁を問う、曰わく、仁者は難きを先にして獲ることを後にす、仁と謂うべし。|「論語」雍也第六20

「仁者」(じんしゃ)は思いやりの心を持ち、情愛に溢れるひと。

知者楽水、仁者楽山。知者動、仁者静、知者楽、仁者寿。
知者は水を楽しみ、仁者は泰然自若として山を楽しむ。知者は動いて停滞せず、仁者は静かに安んじている。知者は変化を楽しみ、仁者は安んじているので長寿である。
知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ。知者は動き、仁者は静かなり、知者は楽しみ、仁者は寿し|「論語」雍也第六21