論語、素読会

『礼』とは?|論語、素読会

「礼」というのは、仁・義・礼・智・信はのちの儒教の中で五常として徳性を表すもの。礼節や葬祭の慣習などを敬う気持ちを指すだけではなく、広く秩序や規範なども含める。

礼之用和為貴、
「礼」において「和」調和を大切にするというのは、
礼の用は和を貴しと為す|「論語」学而第一12

知和而和、不以礼節之、亦不可行也。
調和としての「和」を知って、調和を大事にして行うにしても、秩序としての「礼」を以て、節度をわきまえないとうまくいかないのである。
和を知りて和するも、礼を以て之を節せざれば、亦行うべからざるなり。|「論語」学而第一12

「礼」とは礼儀。

恭近於礼、遠恥辱也。
丁寧さが礼にかなっているのであれば、恥をかくことはない。
恭礼に近きときは、恥辱に遠ざかる|「論語」学而第一13

「礼」は広く規範や礼儀のこと。

富而好礼者也。
裕福になっても礼儀や規範を大事にする人
富みて礼を好む者に|「論語」学而第一15

「礼」は広く礼儀や礼節、古くからこうあるべきとされている大切なもの。

道之以徳、斉之以礼、有恥且格。
道徳によって導き、礼儀や儀礼を伝えて統制していくと、人民は自分を恥じて自らを省みて、自ずと正して善に向かっていくようになる。
之を道くに徳を以てし、之を斉うるに礼を以てすれば|「論語」為政第二03

「礼」とは広く礼儀、父母に対する礼節・しきたり、祭礼などの作法を示します。

子告之曰、孟孫問孝於我、我対曰無違。樊遅曰、何謂也。子曰、生事之以礼、死葬之以礼、祭之以礼。
孔先生がこのようにおっしゃった、孟孫(孟懿子のこと)が「孝」について聞かれたので、違うことがないようにすることがいいと申しますと答えたよ、と。樊遅がそれはどういう意味でしょうか?と尋ねました。先生はおっしゃっいました、親が生きているうちは礼儀をわきまえ、亡くなった時は礼節をもって葬り、祭礼によって祭る、つまり「礼」を違うことがないようにということだよ。
子之に告げて曰わく、孟孫孝を我に問う、我対えて曰わく違うこと無かれ。樊遅曰わく、何の謂いぞや。子曰わく、生けるときは之に事うるに礼を以てし、死せるときは之を葬るに礼を以てし、之を祭るに礼を以てす。|「論語」為政第二05

「礼」とは、広く礼節、規範、制度などの社会的な秩序をいう。

殷因於夏礼、所損益可知也。
殷代の規範は夏代の規範を基にしており、若干の変化があるとしてもそれは認識の範囲内である。
周は殷の礼に因る、損益する所知るべきなり。|「論語」為政第二23

「礼」は先人から受け継がれている制度や祭礼、儀式など。孔子は非礼にならないよう大切にしている。ここでは先祖を祭る祭礼の根本を聞いている。

林放問礼之本。子曰、大哉問。
林放が礼の根本を尋ねた。孔先生がおっしゃった、重大な質問だな。
林放礼の本を問う。|「論語」八佾第三04

礼与其奢也寧倹。
祭礼は派手にするよりもむしろ控えめにする方がよい。
礼は其の奢らんよりは寧ろ倹なれ。|「論語」八佾第三04

「礼」とは論語でくり返し取り上げられ、八佾第三のテーマでもある。ここでは礼儀のこと。

子曰、絵事後素。曰、礼後乎。
孔先生がおっしゃった、絵を描く場合は最後に白い線で際立たせるよ。ということは、「礼」は後でしょうか。
子曰わく、絵の事は素より後にす。曰わく、礼は後か。|「論語」八佾第三08

「礼」は広く制度、規範、礼節、祭礼のこと。ここでは制度の意。

子曰、夏礼吾能言之、杞不足徴也。殷礼吾能言之、宋不足徴也。
孔先生がおっしゃった、私は夏の国の制度についてよく話をするが、夏の子孫の国である杞には、それを証明するものが足りない。私は殷の国の制度についてよく話をするが、殷の子孫の国である宋には、それを証明するものが足りない。
夏の礼は吾能く之を言うも、杞は徴とするに足らざるなり。殷の礼は吾能く之を言うも、宋は徴とするに足らざるなり。|「論語」八佾第三09

「礼」はここでは祭礼の儀式のこと。

或曰、孰謂鄹人之子知礼乎、入太廟、毎事問。子聞之曰、是礼也。
ある人が言った、誰かが鄹の田舎役人の子が祭礼の儀式に通じた人だと評判したが、廟での祭礼に際してあれこれ聞いてばかりではないか。孔先生がこれを聞いておっしゃった、これこそが「礼」である。
或ひと曰わく、孰か鄹人の子を礼を知れりと謂うや、太廟に入りて、事ごとに問う。子之を聞きて曰わく、是れ礼なり。|「論語」八佾第三15

「礼」は祭礼。祭礼を通して先祖の礼を敬う心。

子曰、賜也、爾愛其羊。我愛其礼。
孔先生がおっしゃった、賜よ、お前は生け贄の羊一頭が惜しいようだが、私は止めることによって「礼」が失われることが惜しいよ。
子曰わく、賜や、爾は其の羊を愛しむ。我は其の礼を愛しむ。|「論語」八佾第三17

「礼」は礼儀、礼節。

子曰、事君尽礼、人以為諂也。
孔先生がおっしゃった、君子に仕えるのに礼儀、礼節を尽くすのは当然であるが、しかし世間の人は媚びへつらっているという。
君に事えて礼を尽くせば、人は以て諂えりと為すなり。|「論語」八佾第三18

「礼」は広く制度や規範の意も含めるがここでは待遇が正しく行われること。

君使臣以礼、臣事君以忠。
君子は待遇正しく臣下を使い、臣下はまことを以て君子に仕えればよろしいと思います。
君は臣を使うに礼を以てし、臣は君に事うるに忠を以てす。|「論語」八佾第三19

「礼」は広く制度や規範、礼儀礼節を表すが、ここでは礼儀のこと。

然則管仲知礼乎。
それでは、管仲は礼儀を心得ていたのでしょうか、
然らば則ち管仲は礼を知れるか。|「論語」八佾第三22

管氏而知礼、孰不知礼。
管仲が礼儀を心得ていたとしたら、誰が礼儀を知らないと言えるだろうか。
管氏にして礼を知らば、孰か礼を知らざらん。|「論語」八佾第三22

「礼」(れい)は制度、規範のこと。礼譲は礼には欠かせない心である。

不能以礼讓為国、如礼何。
国を治めるのに、礼儀と謙遜の心がなければ、制度が整っていてもどうしようもない。
能く礼讓を以て国を為めずんば、礼を如何にせん。|「論語」里仁第四13