論語、素読会

『知』とは?|論語、素読会

「知」(ち)は知者、智があるもの。

択不處仁、焉得知。
自ら選択して「仁」を自分のこころに置かないのであれば、どうして智があるもになり得ようか。
択びて仁に處らずんば、焉んぞ知なるを得ん|「論語」里仁第四01

「知」(ちしゃ)は知恵のある者。

仁者安仁、知者利仁。
仁徳がある者は安定して安らかに仁を実践し、知者は仁の価値を知ってそれを実践する。
仁者は仁に安んじ、知者は仁を利す|「論語」里仁第四02

「知」(ち)は知者。

臧文仲、居蔡山節藻梲。何如其知也。
臧文仲は大夫であるにも関わらず、君主のみに許される大亀を所有している。そして宗廟の柱の上の桝形に山の模様を彫刻し、梁の上の小柱に藻の模様を描くなど、天子の礼を犯している。どうして知者と言えるだろうか。
臧文仲、蔡を居く節を山にし梲を藻にす。何如ぞ其れ知ならん|「論語」公冶長第五18

其知可及也。其愚不可及也。
その知者ぶりに及ぶことはできても、愚者のように振る舞うことには遠く及ばない。
其の知は及ぶべきなり。其の愚は及ぶべからざるなり|「論語」公冶長第五21

「知」は知恵、ひととして生きるための本当の知恵。

樊遅問知。子曰、務民之義、敬鬼神而遠之、可謂知矣。
樊遅が「知」について尋ねた。孔先生がおっしゃった、ひととしての道理を務め、神仏を敬うが頼りすぎない、これを「知」という。
樊遅知を問う。子曰わく、民の義を務め、鬼神を敬して之を遠ざく、知と謂うべし|「論語」雍也第六20

「知者」(ちしゃ)は生きるための知恵・道理に通じたひと。

知者楽水、仁者楽山。知者動、仁者静、知者楽、仁者寿。
知者は水を楽しみ、仁者は泰然自若として山を楽しむ。知者は動いて停滞せず、仁者は静かに安んじている。知者は変化を楽しみ、仁者は安んじているので長寿である。
知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ。知者は動き、仁者は静かなり、知者は楽しみ、仁者は寿し|「論語」雍也第六21