論語、素読会

『道』とは?|論語、素読会

「道」は道く(みちびくに)とも、道むる(おさむるには)とも読み下す。

道千乗之国、
千乗の兵車を出しうる国を治めるには、
千乗の國を導くに|「論語」学而第一05

「道」とは父の行い足跡のこと。

三年無改於父之道、可謂孝矣。
三年間、父の習慣を変えずに喪に服すなら、親孝行な人と言えるだろう。
三年父の道を改むるる無きは、孝と謂う可し|「論語」学而第一11

「道」は人が生まれながらにして徳性を重ねながら進む道

先王之道斯為美。
古の立派な王の行ってきた道もこの調和により美しかったのだ。
先王の道は斯を美と為す|「論語」学而第一12

「有道」とはまず「道」は人が生まれながらにして徳を重ねる道。その道が有るとはそのような行いができる人またはその行い。

就有道而正焉。
徳を積んだ人に近づいて自らの行いを正す。
有道に就きて正す|「論語」学而第一14

「道」は人が生まれながらにして徳性を高めること

未若貧而楽道、
しかしまだ、貧しくても人の道を高めることを楽しみ、
未だ貧しくして道を楽しみ|「論語」学而第一15

「道」は導く。「政」は政治、国を治めること。法律や制度、命令や禁止などの規制を指している。

道之以政、斉之以刑、民免而無恥。
国を法律や制度をもって導き、刑罰で統制しようとするならば、国民はただその刑を逃れるだけで何も恥じなくなる。
之を道くに政を以し、之を斉うるに刑を以てすれば|「論語」為政第二03

道之以徳、斉之以礼、有恥且格。
道徳によって導き、礼儀や儀礼を伝えて統制していくと、人民は自分を恥じて自らを省みて、自ずと正して善に向かっていくようになる。
之を道くに徳を以てし、之を斉うるに礼を以てすれば|「論語」為政第二03