論語、素読会

天予を喪ぼせり|「論語」先進第十一08

顔淵が死んだ。孔先生がおっしゃった、ああ、天は私をほろぼした、天は私をほろぼした。|「論語」先進第十一08

【現代に活かす論語】
自分に影響を与えた仲間や部下を失うときその喪失感は、天が自分の身を滅ぼすかのように感じます。

『論語、素読会』YouTube動画
00:00 章句の検討

04:45先進第十一」前半1 – 16 素読
2023.01.24収録

【解釈】

顔淵(がんえん) … 姓は顔(がん)、名は回(かい)、字は子淵(しえん)。孔子より三十歳若い。孔子よりも早く、三十歳(一説では四十歳とも)で死んだ。秀才で、門人の中で一番の学問好き。孔子の第一の弟子ともいわれる。「論語」の登場人物|論語、素読会

顏淵死す。子曰わく、噫、天予を喪ぼせり、天予を喪ぼせり。|「論語」先進第十一08
顔淵死。子曰、噫、天喪予、天喪予。

「噫」(ああ)は感嘆・悲痛・なげき・驚きの感情を表す声、ああ。「喪」(ほろぼす)は滅亡する。

顔淵が死んだ。孔先生がおっしゃった、ああ、天は私をほろぼした、天は私をほろぼした。

【解説】

弟子の中でも一番である、孔子自身も敵わないところがあるという顔淵の死を悼んでいる章句です。


「論語」参考文献|論語、素読会
先進第十一07< | >先進第十一09


【原文・白文】
 顔淵死。子曰、噫、天喪予、天喪予。
<顏淵死。子曰、噫、天喪予、天喪予。>

(顏淵死す。子曰わく、噫、天予を喪ぼせり、天予を喪ぼせり。)
【読み下し文】
 顏淵(がんえん)死(し)す。子(し)曰(のたま)わく、噫(ああ)、天(てん)予(われ)を喪(ほろ)ぼせり、天(てん)予(われ)を喪(ほろ)ぼせり。


「論語」参考文献|論語、素読会
先進第十一07< | >先進第十一09