落語

子どものための落語会 昇太、市馬、談春 その真相

春風亭昇太、柳亭市馬、立川談春という、超人気噺家が、1,000円の落語会を開きます。

9/5 めぐろパーシモンで行われた、立川談春の独演会で告知をした際の話ですが、

「立川談春が、現在の歌舞伎や落語には、立ち見席のような安価で見られる環境がないと語る先達の映像をYouTubeで見た。」

だからだそうです。

 

ここからは想像ですが、

8/22 Zepp Tokyoで行われた『坂崎幸之助のお台場フォーク村デラックス』で、スキマスイッチ、WaT、秦基博のファンの前で落語をやった経験。そのきっかけとなった『新堂本兄弟』への出演が、少なからず影響しているのではないかと思います。

 

実は、この「子どものための落語会」が行われる青山劇場とこの日取りには、もうひとつ気になる点が。

元々、今年2013年3月の時点では、9/27(金)夜に青山劇場で、独演会が予定されていました。

立川談春 公演マップ2013

 

このチケットがなかなか発売されず、1ヵ月前に告知された際になんと9/28(土)への日程変更。

9/5の独演会では、「下座(囃子方)の手配がつかなかった」といっていましたが、

立川談春本人の独演会を9/28 14:00開演へずらし、18:00からこの「子どものための落語会」を入れたというのが、真相だと思います。

立川談春 日程変更のお知らせ

 

立川談志が亡くなって2年。立川談志亡き後の立川談春が始動する。

談春ファンとしては、面白可笑しく見届けたいと思います。

 

最後ですが、この決定には、最近ほとんど高座では話題にしない、故中村勘三郎や、先日NHKで「夢であいましょう」を復活させた、さだまさしの影響は大きいと思います。

 

※購入条件、入場条件をよくご覧になって、お申し込みください。

子どものための落語会

以上、敬称略。

生意気な投稿を書いてすみません。m(_ _)m

コメントを残す

*