blog

シャープペンの芯買うのなんて、30年振りだから

30年振りだから、間違えることもある。という話である。

 

三菱鉛筆ジェットストリーム2&1が書きやすくてお気に入りだ。

 

2本購入して使っているが、日曜日にそのうち1本のシャープペンの芯がなくなった。

 

約30年前に買って、ずうっと所有していた替え芯は、一カ月ほど前にようやくなくなった。

替え芯を買い求めなくてはならない。

 

この約30年の間に、シャープペンの芯が、一種類の太さだけではなくなっているという、無駄な知識が私を緊張させる。

約30年前に買っていた、その時代の唯一の太さが何ミリだったのか。それさえ記憶がないのだ。

 

文房具店に入る。
コンビニにシャープペンの芯は売っていなかった。

 

持参したジェットストリーム2&1を見る。
0.7の文字。
まだ老眼ではない私には、クッキリ見えた。

 

シャープペンの替え芯の棚には、私に買ってくれとばかりに、0.7HBの文字が。
迷わずレジで210円を支払う。

 

行きつけの立ち飲み屋で、ビールを注文し、替え芯を補充する。

 

カチッカチッカチッ

 

出ない。

 

シャープペンのペン先部分に芯を入れてみる。
ふっ、太い。

 

どうやら、やらかしてしまったようだ…。今日は、シャープペンのことは忘れよう。
シャープペンの替え芯、さすがに交換をお願いするのは、違うなぁ。

 

とか考えつつ、酎ハイを頼んだ。

20130903-085605.jpg

 

0.7mmの芯に合うシャープペンを購入したら、シナジーは起こるのか?

2013.9.3

結局、0.5mmの芯を買い直し、購入済みの0.7mm芯を無駄にしないために0.7mm対応のシャープペンを購入した。

 

20130904-151055.jpg

 

会計の時、0.5mmの芯と0.7mmのシャープペンを渡したのに、何も注意喚起がない文房具屋。

早晩、淘汰される運命なんだろうなとつぶやく。

 

ユニクロなら、絶対確認するね。Lサイズのシャツと、Mサイズの下着のお会計の時は、確認されてちょっと恥ずかしかったもの。

コメントを残す

*