論語、素読会

祭ること在すが如くし、神を祭ること神在すが如くす|「論語」八佾第三12

【原文】
 祭如在、祭神如神在。子曰、吾不与祭、如不祭。
(祭ること在すが如くし、神を祭ること神在すが如くす。子曰わく、吾祭に与らざれば、祭らざるが如し。)

『論語、素読会』
YouTube動画

00:00​ 章句の検討 八佾第三12
04:50​ 章句の検討 八佾第三13
12:10​ 「八佾第三」01-26 素読
2021.4.16収録


「祭」は(まつること)や(まつるには)と読み下す。

【解釈】

祭如在、祭神如神在。

「如在」(いますがごとくし)は祖先がそこにいるかのようにの意。「如神在」(かみいますがごとくし)も同様。
祖先の霊を祭るには、祖先がそこにいるかのように祭る。神を祭るには、神が目の前にいるかのように祭る。

子曰、吾不与祭、如不祭。

「不与」(あずからざる)は自ら関与する、祭りに参列なり直接行うの意。
孔先生がおっしゃった、私は自ら祭りに参列して誠意を尽くさなければ、祭ったような気持ちにならない。


【解説】

祭礼が形骸化していることや、天子が行うべき祭礼を諸侯が勝手に行っている実情を嘆いて、自らそのような祭礼は認めないという気持ち、自身の祭礼に対する立ち振る舞いを語ったのだと思います。


「論語」参考文献|論語、素読会
八佾第三11< | >八佾第三13


【現代に活かす論語】
仏前で手を合わすときはそこに祖先の霊を感じ、神前で手を合わすときは神様の存在を感じる。真の心を以て参らなければ、祀った気持ちにはならない。