論語、素読会

人焉くんぞ廋さんや|「論語」為政第二10

【原文】
 子曰、視其所以、観其所由、察其所安、人焉廋哉、人焉廋哉。
<子曰、視其所以、觀其所由、察其所安、人焉廋哉、人焉廋哉。>
(子曰わく、其の以す所を視、其の由る所を観、其の安んずる所を察すれば、人焉くんぞ廋さんや、人焉くんぞ廋さんや。)

『論語、素読会の素』
是非!素読をしてみてください。
00:00​ 章句の検討 為政第二09

09:50​ 章句の検討 為政第二10
16:40​ 「為政第二」01-24 素読
2021.3.17収録


【解釈】

子曰、視其所以、観其所由、察其所安、

「視」「観」「察」(み)と読む。目で見て観察して察するの意。「由」は理由。「安」は安らぎをもって楽しむ様子。
孔先生がおっしゃった、その人が何をしているのかを視て、その行為の動機や理由をじっくりと観て、そしてその行動を安らぎをもって楽しんでいるのかを観察すれば、

人焉廋哉、人焉廋哉。

「廋」(かくす)匿すと同意。「焉〜哉」はどうして〜しようかの意。
どうして人の値打ちをかくすことができるだろうか。かくそうとしてもかくせるものではない。


【解説】

ひとつ前の章句
「子曰、吾与回言、終日不違如愚。退而省其私、亦足以発、回也不愚。」人焉くんぞ廋さんや|「論語」為政第二10
と一緒に親しみたい章句です。
孔子の前では逆らうことなく大人しい門人の顔回が、私生活では孔子の教えを率先して実践し啓発している姿を見て、顔回は孔子の前では愚かに見えるかも知れないが、私生活を見れば愚かではないことが分かるといいます。

そして、続けて本章句です。その人を観察することでその人がどんな人かが理解できる、その人となりはかくしようがない。逆に言えば、たとえ人が見ていないときの行動であっても、隠し立てができるものではない。孔子の前で学んでいるような様子を示しても、それ以外の行動を隠せるわけがない。という教えに思えるのです。


「論語」参考文献|論語、素読会
為政第二09< | >為政第二11


【現代に活かす論語】
その人が何をしているのかを見て、その行為の動機や理由を観て、そして楽しんで行っているかを観察すれば、その人の人柄、人と為りが明確に分かるものだ。隠すことはできない。