論語、素読会

敬せずんば何を以て別たんや|「論語」為政第二07

【原文】
 子游問孝。子曰、今之孝者、是謂能養。至於犬馬、皆能有養。不敬何以別乎。
(子游孝を問う。子曰わく、今の孝なる者は、是れ能く養うを謂う。犬馬に至るまで、皆能く養うことあり。敬せずんば何を以て別たんや。)

『論語、素読会の素』
是非!素読をしてみてください。
00:00​ 章句の検討

10:10​ 「為政第二」01-24 素読
2021.3.15収録


子游(しゆう) … 姓は言、名は偃(えん)、字は子游。武城の町の宰(長官)となる。孔子より45歳若い。

【解釈】

子游問孝。子曰、今之孝者、是謂能養。

「孝」とは孝行。『孝』とは?|論語、素読会
子游が孝行について尋ねた。孔先生がおっしゃった、今ではよく親を養う者を孝行というが、

至於犬馬、皆能有養。

犬や馬に至るまで皆でよく養っているではないか。

不敬何以別。

敬わなければ、何によって区別できようか。


【解説】

若い子游に対して、出世して親を養うことが孝行ではないと伝えていますが、45歳若い弟子の周りには親になっている世代の弟子もいるので、尊敬してもらえるような親であるようにというメッセージもあるのではないかと思います。


「論語」参考文献|論語、素読会
為政第二06< | >為政第二08


【現代に活かす論語】
親を養うのが孝行ではない、親を敬うのが孝行である。