blog

宮崎駿監督をはじめ、ジブリも改憲反対!

ようやく、大人が、しかも企業が、立場を鮮明にするようになりました。

本日、7/19の東京新聞第一面にうれしい記事です。

東京新聞7/19 宮崎駿監督 いま声を大に

著名人が自分の立場をこのように明確にするのは、本来、当たり前のことなんです。

日本では、特に年配になればなるほど、自分の主張をしなくなる。

今回、立場を鮮明にしたスタジオジブリに、影響されてみましょうよ!

この記事の元になった、スタジオジブリの無料の小冊子「熱風」は、こちらから読めます。

「熱風」http://www.ghibli.jp/shuppan/np/ ダウンロードは無料、配信期間は2013年8月20日18時までです。

 

それで、私にどうしろと?

選挙で投票をしなければ、改憲されてしまう!というお話しです。

なぜか?

第九十六条 この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行われる投票において、その過半数の賛成を必要とする。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E7%AC%AC96%E6%9D%A1 より

つまり、2/3以上の賛成で憲法改正が議会で承認され、1/2の投票によって承認されるということです。

これを、2/3を1/2に変えようというのが、憲法改憲派の狙いです。

今回の投票率予想が50%、1/2は25%。つまり、われわれ国民の1/4の同意で、憲法の改正が議会で議決されるのですよ。

だから、投票に行こう! 投票率を上げよう!と伝えているのです。

もうひとつ、現職側は、投票へ行こうなどとは、言っていません。改憲側もです。

投票率が上がると困るから。

スタジオジブリが好きなら、感動したことがあるなら、あのおじさんたちが言っていることにも耳を傾けて、投票に行ってみたらどうだろう。

私はそう伝えたい。

コメントを残す

*