論語、素読会

其の人と為りや孝弟にして|「論語」学而第一02

【原文】
 有子曰、其為人也孝弟、而好犯上者鮮矣。不好犯上而好作乱者、未之有也。君子務本、本立而道生、孝弟也者、其為仁之本与。
<有子曰、其爲人也孝弟、而好犯上者鮮矣。不好犯上而好作亂者、未之有也。君子務本、本立而道生、孝弟也者、其爲仁之本與。>
(有子曰く、其の人と為りや孝弟にして、上を犯すことを好む者は鮮なし。上を犯すことを好まずして乱を作すことを好む者は、未だ之れ有らざるなり。君子は本を務む。本立ちて道生ず。孝弟なる者は、其れ仁の本たるか。)

『論語、素読会』
YouTube動画
00:00​ 章句の検討
10:25​ 「学而第一」01-16 素読
2021.2.16収録


【解釈】

有子 … 姓は有、名は若、字は子有。孔子より十三歳若い。

有子曰、其為人也、孝弟而好犯上者鮮矣。

孝弟の「孝」とは親に対する孝行、「弟」とは兄思い姉思いという気持ち(従順)を指している。『孝弟』とは?|論語、素読会 「上」とは広義の目上の人の意味。「犯」(おかす)はつっかかる、逆らうの意。「好」は自分の心にそうしようと思うこと。
有先生は言った、その人柄が家庭で親孝行や兄弟思いである者が、家庭の外で目上の人に逆らうような人は少ない

不好犯上而好作乱者、未之有也。

「不好犯上」は前文を受け継いで否定している。「乱」(らん)は道理に逆らって争うこと。「作」(なす)は起こすこと。つまり「好作」は世の中を乱すことを好むの意。
家庭内で親兄弟に対する礼儀を正していれば、社会に出て目上の人に立て付いたり社会を乱すことはない。

君子務本、本立而道生、孝弟也者、其為仁之本与。

「君子」とは、人間が生まれながらに目指す者。「本」(もと)は根本。「務」(つとむ)は勤める、努力する。「立」(たつ)は確立するの意。「仁」とは、論語の中で大切にされている「仁・義・礼・智・信」などの中で最も重要とされる思想。人を敬う気持ち、慮(おもんぱか)る気持ち。『仁』とは?|論語、素読会
人間とは基本的なことに対して努力する。そしてその努力が確立されれば道が見えてくる。家庭で礼儀作法を守ろうと務める(努力した)ことは、「仁」に通じる根本ではないか。


【解説①】

有子が他の弟子たちに話していると考えられる。

論語の第一句、小論語に続いて、弟子の有子の言葉が続いていることが興味深い。学びの基本に理念を提示した後で、弟子の言葉を借りて孔子が常々説いていた、家庭内の礼儀作法が大事、家庭での生活がすべての基礎・基本であるという教えを、学ぼうとする若い人に伝えようとしていると思います。

【解釈②】

余談ですが、渋沢栄一翁を描いた「青天を衝け」の初回で、幼い栄一が父に「上」とは?と尋ね、父親は「上」とは目上の人のことだと答えるシーンがありました。このようなやり取りが羨ましく映りました。
ちなみに我が家でもごく希にですが、同じようなやり取りを行うことがあります。それもこれも論語の素読を続けているおかげだと思っています。


「論語」参考文献|論語、素読会
学而第一01 < | > 学而第一03


【現代に活かす論語】

家庭内での親兄弟に対する礼儀を正していれば、社会を乱すようなことはない。人がものごとの原理原則を理解して努力すれば道が開けてくる。家庭での礼儀作法がリーダーとしての資質である「人を慮る心」を育てる根本になるのではないか。