論語、素読会

何ぞ以て臧しとするに足らん|「論語」子罕第九27

孔先生がおっしゃった、破れたどてらを着、上等な毛皮を着た地位や家柄が高い人の側に立って、恥辱と思わないのは、それは由くらいだなぁ。詩経にある「ねたまず、もとめず、(どうして善くないといえようか)善いことである」これを子路は一生涯、朗読した。孔先生がおっしゃった、このくらいの徳を重ねることで、どうして充分に足るといえようか。|「論語」子罕第九27

【現代に活かす論語】
身なりの違いを比べて妬んだり求めたりしない。

妬んだり求めたりしないことは善いことである。しかしそれだけでは徳を重ねる上では充分ではない。

【解釈】

子路(しろ)、由(ゆう) … 姓は仲(ちゅう)、名は由、字は子路・季路。孔子より9歳若く孔子門人の中で最年長。孔子のボディガード役を果たした。

子曰わく、敝れたる縕袍を衣、狐貉を衣たる者と立ちて、恥じざる者は、其れ由か。忮わず求めず、何を用てか臧からざらん。子路終身之を誦す。子曰わく、是の道や、何ぞ以て臧しとするに足らん。|「論語」子罕第九27
子曰、衣敝縕袍、与衣狐貉者立、而不恥者、其由也与。不忮不求、何用不臧。子路終身誦之。子曰、是道也、何足以臧。

「敝」(やぶれる)は古くなってだめになったさま、ぼろぼろの、やぶれた。「縕袍」(おんぽう)は古綿の粗末な服。「衣」(き)は服を着る。「狐貉」(ころ)はキツネとムジナ、またその毛皮で作った地位や家柄が高い人の着る上等な衣服。「恥」(はじる)は恥辱と思う。「忮」(そこなう)は嫉妬する、ねたむ。「何用」(なにをもってか)はなにによって、どのように。「臧」(よい)は善い。「終身」(しゅうしん)は一生涯、終生。「誦」(しょう)は詩経や書経を朗読する。「道」(みち)はひとが生まれながらにして徳性を重ねながら進む道。正しい道。『道』とは?|論語、素読会

孔先生がおっしゃった、破れたどてらを着、上等な毛皮を着た地位や家柄が高い人の側に立って、恥辱と思わないのは、それは由くらいだなぁ。詩経にある「ねたまず、もとめず、(どうして善くないといえようか)善いことである」これを子路は一生涯、朗読した。孔先生がおっしゃった、このくらいの徳を重ねることで、どうして充分に足るといえようか。

【解説】

この章句では3つの場面が展開されます。まずは、孔子が子路を褒める場面。常に孔子の傍らにいた子路の実直な性格を褒めています。そして、その言葉を喜んで詩経の一節と結びつけて暗誦する子路の様子、うれしそうです。最後にそんな子路のようすに、それだけでは足りないよと苦言を呈する孔子のようすです。孔子と子路の関係性を想像させる章句です。子路のうれしそうな姿も、シュンとうなだれる仕草も想像できる温かみのある章句です。
「不忮不求、何用不臧。」は詩経からの引用です。「何足以臧」は詩経の「何用不臧」に掛けた表現と考えられるので、孔子の伝え方の妙を感じることができます。


「論語」参考文献|論語、素読会
子罕第九26< | >子罕第九28


【原文・白文】
 子曰、衣敝縕袍、与衣狐貉者立、而不恥者、其由也与。不忮不求、何用不臧。子路終身誦之。子曰、是道也、何足以臧。
<子曰、衣敝縕袍、與衣狐貉者立、而不恥者、其由也與。不忮不求、何用不臧。子路終身誦之。子曰、是道也、何足以臧。>

(子曰わく、敝れたる縕袍を衣、狐貉を衣たる者と立ちて、恥じざる者は、其れ由か。忮わず求めず、何を用てか臧からざらん。子路終身之を誦す。子曰わく、是の道や、何ぞ以て臧しとするに足らん。)
【読み下し文】
 子(し)曰(のたま)わく、敝(やぶ)れたる縕袍(おんぽう)を衣(き)、狐貉(こかく)を衣(き)たる者(もの)と立(た)ちて、恥(は)じざる者(もの)は、其(そ)れ由(ゆう)か。忮(そこな)わず求(もと)めず、何(なに)を用(もっ)てか臧(よ)からざらん。子路(しろ)終身(しゅうしん)之(これ)を誦(しょう)す。子(し)曰(のたま)わく、是(こ)の道(みち)や、何(なん)ぞ以(もっ)て臧(よ)しとするに足(た)らん。


「論語」参考文献|論語、素読会
子罕第九26< | >子罕第九28