子育て

子どもの教育方針を家族で共有するために私がしたこと。

子どもが小学生になるのを前にして、妻と教育方針で意識の差を感じることが多くなってきた。

そんなとき、恩師から贈られた本が、「やってのける」大和書房刊。

目標達成の方法を、心理学的に解説している。

私はこの本を、妻との意識の共有に利用することを思いついた。

本をもう一冊購入し、付箋を入れて読み易くし、年末に妻に手渡したのである。

20140109-053814.jpg

20140109-053832.jpg

 

もう一冊は、知り合いの高校生へのクリスマスプレゼント。

3冊目は、将来娘に手渡すためである。

 

こんなことをやっていたら、あっという間に年が終わってしまった。

 

コメントを残す

*