論語、素読会

篤く信じて学を好み、死を守りて道を善くす|「論語」泰伯第八13

【原文】
 子曰、篤信好学、守死善道。危邦不入、乱邦不居。天下有道則見、無道則隠。邦有道、貧且賤焉恥也。邦無道、富且貴焉恥也。
<子曰、篤信好學、守死善道。危邦不入、亂邦不居。天下有道則見、無道則隱。邦有道、貧且賤焉恥也。邦無道、富且貴焉恥也。>

(子曰わく、篤く信じて学を好み、死を守りて道を善くす。危邦には入らず、乱邦には居らず。天下道有れば則ち見れ、道無ければ則ち隠る。邦道有るに、貧しくして且つ賤しきは恥なり。邦道無きに、富み且つ貴きは恥なり。)
【読み下し文】
 子(し)曰(のたま)わく、篤(あつ)く信(しん)じて学(がく)を好(この)み、死(し)を守(まも)りて道(みち)を善(よ)くす。危邦(きほう)には入(い)らず、乱邦(らんぽう)には居(お)らず。天下(てんか)道(みち)有(あ)れば則(すな)ち見(あらわ)れ、道(みち)無(な)ければ則(すなわ)ち隠(かく)る。邦(くに)道(みち)有(あ)るに、貧(まず)しくして且(か)つ賤(いや)しきは恥(はじ)なり。邦(くに)道(みち)無(な)きに、富(と)み且(か)つ貴(たっと)きは恥(はじ)なり。


【解釈】

子曰、篤信好学、守死善道。危邦不入、乱邦不居。

「篤」(あつい)は非常に、たいへん。「死」(し)は命をなげ出す覚悟のあるさま。「道」(みち)は人が生まれながらにして徳性を重ねながら進む道。『道』とは?|論語、素読会 「危邦」(きほう)は乱れる予兆がある危険な国。「乱邦」(らんぽう)は道理が乱れた国。
孔先生がおっしゃった、(自ら進む道を)非常に信じて学ぶことを好み、命を投げ出す覚悟を守り自ら進む道を善くする。危険な国には足を踏み入れず、道理が乱れた国には居ない。

天下有道則見、無道則隠。邦有道、貧且賤焉恥也。邦無道、富且貴焉恥也。

「道」(みち)は道理。『道』とは?|論語、素読会 「見」(あらわれる)は世に出て活動する。仕える。「賤」(いやしい)は地位や身分が低い。「貴」(たっとぶ)は身分が高い。対義語は「賤」。
天下に道理が有れば世の中に出て任官し、道理がなければ表から隠れる。国に道理が有るのに貧しくて地位が低いのは恥である。国に道理がないのに豊かで身分が高いのは恥である。


【解説】

この章句は「道」を通じて「君子 −人の上に立つ立派な人−」について語っています。第一の「道」は自ら進んでいく徳性を重ねていく「道」。これを信じて学び、覚悟を持って善くしていくようにという孔子の強く不動のメッセージです。その上で、君子への階段を登っていく上での慎重さ、任官先を選ぶにも道理としての「道」に注視せよという、孔子からの温かいアドバイスを感じます。そして世の中の趨勢に敏感であれということと同時に、慢心を厳しく戒めている。大変有意義な内容だと思います。


「論語」参考文献|論語、素読会
泰伯第八12< | >泰伯第八14


【現代に活かす論語】
人の上に立つ立派なリーダーは、生きていく上の道理を信じて学び、覚悟を持って成長していきます。

人の上に立つ立派なリーダーは危険な事業には近寄らず、荒れている事案からは撤退します。

人の上に立つ立派なリーダーは、正しい状況下では進んで才能を発揮し、道理がない状況下では身を引きます。

人の上に立つ立派な人物として、活躍する場があるのに貧しくて地位が低いのは恥である。不条理な状況の中で、私腹を肥やし地位が高いのも恥である。