論語、素読会

楽しみも亦其の中に在り|「論語」述而第七15

【原文】
 子曰、飯疏食飲水、曲肱而枕之。楽亦在其中矣。不義而富且貴、於我如浮雲。
<子曰、飯疏食飮水、曲肱而枕之。樂亦在其中矣。不義而富且貴、於我如浮雲。>

(子曰わく、疏食を飯い水を飲み、肱を曲げて之を枕とす。楽しみも亦其の中に在り。不義にして富み且つ貴きは、我に於て浮雲の如し。)
【読み下し文】
 子(し)曰(のたま)わく、疏食(そし)を飯(くら)い水(みず)を飲(の)み、肱(ひじ)を曲(ま)げて之(これ)を枕(まくら)とす。楽(たの)しみも亦(また)其(そ)の中(うち)に在(あ)り。不義(ふぎ)にして富(と)み且(か)つ貴(たっと)きは、我(われ)に於(おい)て浮雲(ふうん)の如(ごと)し。


【解釈】

子曰、飯疏食飲水、曲肱而枕之。楽亦在其中矣。不義而富且貴、於我如浮雲。

「飯」(くらう)は食べる。「疏食」(そし)は粗食。「不義」(ふぎ)は正しくないこと。「富」(とみ)は俸禄。「貴」(たっとき)は地位。「浮雲」(ふうん)ははかないもの。
孔先生がおっしゃった、粗末な食事をとり水を飲み、肘を曲げて腕枕をする。楽しみはその中にある。正しくないことで得た俸禄と地位は私にとってはかないものだ。


【解説】

自分の腕枕とは、他人の膝枕で寐ることつまり贅沢な例えだと思います。粗食とひとり寝に楽しみを見いだすとは、官職にあったとしても実に孔子らしい振る舞いだと思います。逆に「不義」不正に陥ることを楽しみを見いだせないはかないと表現して、弟子たちに伝えています。
経済的、社会的地位による豊かさより、心の豊かさを説いている、大変孔子らしい章句と言えるでしょう。


「論語」参考文献|論語、素読会
述而第七14< | >述而第七16


【現代に活かす論語】
正しくない行いで得た豊かさははかない。粗食やひとり寝の中に楽しみを見いだすのです。