宅建士 自習ノート

そろそろ受かりたい宅建士(3)|売主の契約不適合担保責任

売主の契約不適合担保責任

令和元年度 宅建本試験 【問3】

2020年4月1日施行の民法の改正で、瑕疵担保責任から契約不適合担保責任に代わり、売主の責任範囲が広がった。
【自習のポイント】
売主が知っているいないに関わらず、契約書に記載することが求められる点に注意。買主が不適合を知ってから1年以内に通知する点は変わりないが、売主が知っていた場合は期限に制限が無くなる。(消滅時効の完了期間は関係する)

※本投稿は筆者の自習を綴ったブログなので今後の改正による訂正が行われません。参照リンクをたどって、正確な情報で学習するようにしてください。

【Keyword】
契約不適合 … 2020年4月1日に施行された改正民法で、新たに「契約不適合責任」が制定された。それまでの瑕疵担保責任の隠れた瑕疵に対して、契約不適合責任は契約の内容に合致しない場合になり、買主が請求できる権利は瑕疵担保責任より増えている。売主が知っていたかどうかではなく、契約の内容に記載しなければならない。

【Keyword】
売主の契約不適合担保責任 … 売主は知りながら告げなかった事実についての責任を免れることはできない。民法の規定通りの担保責任を負う。

【Keyword】
買主が売主の責任を追及できる期間制限 … 原則として不適合を知った時から1年以内。売主が知っている場合は、1年以外に通知という期間制限は適用されない。

【Keyword】
売主の契約不適合担保責任 … 契約不適合担保責任を負うのはあくまでも売主