宅建士 自習ノート

そろそろ受かりたい宅建士(11)|借地借家法(借地)

借地借家法(借地)

令和元年度 宅建本試験 【問11】

【自習のポイント】
土地賃借権による違い。民法上の賃借権なのか、借地借家法の借地権なのか。
建物の所有を目的にするかしないかで分ける。

※本投稿は筆者の自習を綴ったブログなので今後の改正による訂正が行われません。参照リンクをたどって、正確な情報で学習するようにしてください。

【Keyword】
土地の賃借権による違い。1.存続期間 2.更新の可否(一般借地権/定期借地権) 3.書面の必要性・種類(賃貸借契約は一般的に書面は必要ないが、定期借地権は書面が必要で、事業用定期借地権の場合、公正証書に限定)

【Keyword】
借地借家法の借地権 … 建物の所有を目的にするもの
民法上の賃借権 … 資材置き場など

【Keyword】
民法上の賃借権 … 最長50年。50年を超えても50年。
一般借地権(当初)の存続期間 … 最低30年、30年より長い期間はその期間
 定期借地権 … 契約の更新なし 
一般定期借地権 … 50年以上(書面が必要)
事業用定期借地権(住宅不可) … 10年以上(期間が短い)50年未満、公正証書が必要
建物譲渡特約付借地権 … 30年以上

【Keyword】
一般借地権の存続期間 … 当初30年以上、一度目20年以上、二度目以降10年以上

【Keyword】
借地上の建物の登記 … 1.登記の種類 ○所有権の保存の登記 ○表題登記 2.登記の名義 ○借地権者×借地権者の配偶者・子

地代などの増減額請求権 … 地代などの増減額請求が可能
自動改訂特約 … 一定の基準に基づいて地代を自動的に改定する特約 → 有効
特約が不当となった場合、増減額請求権の行使ができる